私のお薦めスクール&通信講座

(スクール・通信講座比較)

第1位 フォーサイト
【メディア教材の質の高さは圧巻!通信教育のトップ企業】
TVなどでまったくコマーシャルをやっていないのに、受講生がとても多い。そして合格率は常に全国平均を上回っていて、しかもきっちり合格率データを公表している。何かそういうところが信用できるのです。私はフォーサイトの教材のおかげで合格できたのだと思います。
先にもお話ししましたが、CD・DVD教材のクオリティーの高さはおそらく業界No.1なのではないかと思います。動きのある大型ディスプレイ(テキストが映し出されています)を使った講師の講義は、まるでテレビの天気予報を見るように観やすくて。ビデオ講義には視覚的な効果がとても大事だというのが、1年勉強してみた上での感想です。
またフォーサイトのテキストは、4色フルカラーで読み易いです。図表もたくさん取り入れ法令を整理しているので、概念的なことも憶えやすくて助かりました。本試験に出やすいところは赤字で明示されているので、重要ポイントの見極めもつけやすいです。

通信企業のパイオニア、フォーサイトはこちら

第2位 LEC(東京リーガルマインド)
【全国13エリアで生講義を展開。予習なしで講義を理解できます】
学校へ通う「時間」と「お金」に余裕のある方には、私は、LEC(東京リーガルマインド)をお薦めします。2007年~2009年の行政書士の受講生数は延べ7,862名、すごく人気のある学校です。LECは、東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸・札幌・岡山・広島・松山・福岡・千葉・静岡の13の地域で生講義を行っていますので、地方の方にも活用しやすいと思います。LECのすごいところは、「予習をしなければ理解できないような講義は行わない」という、徹底した講義重視のスタイルにあります。確かにLECの講師は、試験を知り尽くしたプロばかりという印象があります。授業と復習のみしっかりやる勉強法で合格している人たちも多いようです。仕事で忙しい方には、これ以上心強いことはないですよね。

講師陣が充実!LECはこちら

第3位 ユーキャン
【イメージしやすいマンガやイラストで、初学者の方をフォロー】
テレビのCMでもみなさんにお馴染みですよね。ユーキャンの通信講座で学べる講座は、趣味から資格まで100講座以上もあります。資格取得のノウハウの量では、他社の追随を許さない企業です。行政書士の試験突破においてもおおいに信頼できるでしょ。「ユーキャンのテキストにはマンガがたくさん入っていて、具体的に理解しやすい」、「豊富なイラストは楽しいだけでなく、状況をイメージしやすい」…。ネットの口コミ情報には、そんな受講生の声がたくさん載っています。行政書士の初学者にも優しくアプローチしていることに好感が持てます。ただユーキャンの行政書士の教材には、CD・DVDのメディア教材がほとんど付いていないのがちょっと残念な気がします。同社のノウハウがあれば基本テキストなど紙の教材だけでも十分なのかもしれませんね。知名度ある教育会社ですので、ぜひ検討してみてください。

CMでお馴染みのユーキャンはこちら


>>特集ページ「行政書士の仕事の具体例」(提供:フォーサイト)